保険会社に注意

人身事故の被害者が治療費を加害者に請求する場合、大抵は加害者が契約した保険会社が治療費を支払うことになります。保険会社なら、個人が支払うよりも確実に治療費を支払ってくれそうですが、実際には途中で治療費の支払いが打ち切られることがあります。確実に治療費を得るためにも、弁護士に相談しておいて、治療費や慰謝料の請求を行ってもらいましょう。

人身事故による怪我の治療は、当然完治するまで続けられます。治療費の請求は治療が完了するまで続けられますが、治療が完了したと判断されると、治療費の支払いが打ち切ろうと動きだします。このように加害者側が利用している保険会社は、少しでも損失を減らすために、こちらの状況を逐一確認し、治療費の支払いを止めるきっかけを探しているので、どのように対処するかを知るためにも、弁護士のアドバイスを受けるようにしましょう。弁護士の中には交通事故のトラブルに強い方も大勢いるので、過去の事例を参考に信頼できそうな法律事務所を探しましょう。

弁護士に治療費請求について相談するなら、出来る限り早めに相談したほうが良いでしょう。怪我の治療がいつまでかかるわかかりませんし、保険会社も最低限の治療費の支払いだけで示談交渉を進めようと動くので、今後の慰謝料請求なども考慮して、弁護士に全ての交渉を代行してもらえば、治療費はもちろん、慰謝料の請求もスムーズに進めることが出来るでしょう。

関連リンク<交通事故の慰謝料・弁護士への無料相談なら弁護士法人アディーレ法律事務所

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket