人身事故の治療費請求

人身事故に巻き込まれると、色々なことが身の回りに起こります。自分が怪我をした場合はもちろん、家族が怪我を負うこともあるので、そうなったときのために、治療費を請求する必要があります。治療費がいくらになるかは、怪我の度合いによって変わりますが、場合によっては入院や長期に亘るリハビリなどが必要になるので、出来る限り多くの額を請求しておきたいところです。治療費を請求する際は、必ず弁護士に相談した上で、必要な額を請求するようにしましょう。

人身事故の被害者の治療費は、加害者側に請求することが出来ます。このとき受け取れる治療費は全額が基本なので、治療費の請求については比較的スムーズに進みそうですが、ここで注意したいのが、治療費しか請求できないケースです。治療費の全額負担を示談金として保険会社が示談を希望し、それを受け入れてしまう方が多いのですが、そのとき受け取る治療費だけでは、後遺障害などの、後から出てくる事故の被害に対応できません。そのため治療費を請求する段階で、弁護士に相談しておいて、後々のために治療費と同時に慰謝料を請求することが大切です。

弁護士による治療費請求を行えば、治療費はもちろん、そのほかの損害についても補償してもらえる可能性が高くなり、今後の生活がより楽になります。更に最初の治療費は被害者側が負担することが多いので、経済的な余裕が無く、治療費の支払いが難しいときも、弁護士に前もって相談することで、治療費の請求を加害者側に請求するなど、どう対処すればよいのかサポートしてくれます。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket